RAVEN'S FLIGHT

投資と書評がメインのblogです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[読書記録] フリーフォール

フリーフォール グローバル経済はどこまで落ちるのかフリーフォール グローバル経済はどこまで落ちるのか
(2010/02/19)
ジョセフ・E・スティグリッツ

商品詳細を見る


本書は経済学者のスティグリッツが、2008年以降の金融危機の要因を考察し、
これからの世界経済のあり方について書いた一冊です。

成功したすべての経済において、市場がその中核を担っていることは確かだが、それらの市場が独力で機能しているとは思えない。
政府には果たすべき役割があり、それは市場が崩れたときに経済を救うだけでなく、市場に規制を課して、わたしたちが今回経験したような失敗を防ぐことまでをふくむ。


このように著者は市場を万能と考える市場原理主義を批判し、新しいケインズ派
(ニューケイジアン)として、政府は市場に対して放任するのではなく、果たすべき
役割があるということを主張しています。



今回の金融危機が発生した要因として、
・企業統治(コーポレート・ガバナンス)の制度に欠陥があったこと
・独占禁止法の執行が徹底されていなかったこと
・市場に情報の不完全性が存在したこと
・投資家がリスクを十分に理解していなかったこと
以上をあげ、ウォール街の巨大銀行を中心とした金融業界に対し鋭い批判を
展開しています。
金融業界の改革を行なうために、グラス=スティーガル法の復活、巨大銀行の分割、
デリバティブの規制、クレジットカード事業の独占規制を提案しています。

そして、現在の世界経済が直面する課題としては以下をあげています。
・世界全体で完全雇用を確立させるために、持続可能な総需要を回復させること
・危機前と同じ無謀なリスクテークをさせるためではなく、本来の金融機能を
 取り戻させるために金融システムを再構築すること
・世界的な比較優位の変化や技術の進歩に合わせて、アメリカ経済と世界経済を
 再編すること

また、今回の危機に対する過剰反応から、市場経済自体を否定するような動きが
起きかねないことにも警鐘を鳴らしています。

貧しい人びとは市場原理主義のもとで苦しんだ。トリクルダウン経済学は機能しなかった。しかし、新しい管理体制がふたたびバランスを狂わせて、市場へ過度に介入したりすると、貧者はふたたび苦しむことになるだろう。そういう戦略は成長をともなわず、成長がなければ、持続的に貧困を解消していくことは不可能である。成功した経済は必ず、市場に大きく頼っていた。その帰結として、世界の安定とアメリカの安全がもたらされたことは明白だ。


このほかに、金融の規制緩和の背景となった、政府は何もしなくてよいという
シカゴ学派の主張に対しては、「小さな情報の不完全性がある場合でも市場の
均衡状態の性質は劇的に変化する」という自身の研究成果をあげ、


(シカゴ学派の主張の根拠は)現実世界との関連性がうすく、統計学上の証拠や歴史上の経験からかけ離れた欠陥モデルなのだ。
 これに対して、賃金と物価の硬直性を主張するケインズ学派の考え方では、政府はもっと積極的な役割を果たす。

市場の失敗と外部性がひんぱんに見られる環境では、たいていの場合、自発的な取り決めだけでは充分な効果が得られないため、集団的な行動をとる必要がある。
 さらにひどいことに、見境のない物質主義と合体した徹底的な個人主義は、信頼関係の土台を腐らせてきた。


と鋭い批判を浴びせています。

最後に、今回の金融危機は、新しい金融システム、経済システム、社会システムを
創出する機会でもあり、真に恐れるべきはこれらの機会をつかみそこねることだ、
と結んでいます。

金融危機の原因について扱った本であれば本書の他にも様々な良書がありますが、
本書のシカゴ学派の経済学についての批判と指摘は、今後の資本主義と世界経済の
あり方を考えるうえで一読の価値があると思います。
今のアメリカ型の金融中心の資本主義がそのまま続くことはもはやあり得ないので。
また、市場の効率性に対する批判の中で、効率的市場仮説についても批判があり、
インデックス派の投資家として見逃せない内容でした。
スポンサーサイト

| 経済、社会 | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://freelikewind.blog72.fc2.com/tb.php/94-e05328b3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。