RAVEN'S FLIGHT

投資と書評がメインのblogです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[読書記録] ゲーム理論で不幸な未来が変わる

ゲーム理論で不幸な未来が変わる!―21世紀のノストラダムスがついに明かした破綻脱出プログラムゲーム理論で不幸な未来が変わる!―21世紀のノストラダムスがついに明かした破綻脱出プログラム
(2010/05)
ブルース・ブエノ・デ メスキータ

商品詳細を見る


COURRiER Japon 10月号の特集で紹介されていたので読んでみました。

本書では、国際政治やビジネスなどの場において、ゲーム理論により、
行動、未来を予測することができ、さらにインセンティブを変える方法を
求めることによって、結果を変えることさえできる
ということが説明されています。


参加している各プレーヤーごとに、
 ・主張 :各プレーヤーが支持している意見
 ・重要度:各プレーヤーにとっての重要度
 ・影響度:各プレーヤーが他のプレーヤー全員に対してもつ影響力
以上の3つの情報が分かれば、後はコンピュータによる計算により
行動の予測が高精度でできる、という手法には驚きを禁じえません。

さすがにどんなアルゴリズムのプログラムなのか、といった部分までは
書かれていませんが、著者のゲーム理論にもとづく戦略的な考え方に
ついては参考にできる部分があると思います。

特に、賢明な選択をするためには、相手がどう行動するかを考えなければならない、
という点は重要だと思います。
相手の出方が視野に入っていないがために、交渉ごとがうまくいかない、
というのは誰でも思いあたることがあるのではないでしょうか。
また、行動の予測の為には、相手の動機、インセンティブを知ることが必要である、
という点も注意を払うべき部分と言えます。

このほかに、著者は本書で各種の「予言」を行なっているので、その結果が
どうなるかについても面白い部分だと思います。
スポンサーサイト

| 自然科学、技術 | 21:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://freelikewind.blog72.fc2.com/tb.php/78-c148dc6f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。