RAVEN'S FLIGHT

投資と書評がメインのblogです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[読書記録] 冒険投資家ジム・ロジャース世界大発見

冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見 (日経ビジネス人文庫)冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見 (日経ビジネス人文庫)
(2006/01)
ジム ロジャーズ

商品詳細を見る


投資家のジム・ロジャースが、1999年1月から3年間かけて世界中を車で旅してまわり、
116カ国にわたり、15万2000マイル(約26万km)を走破した際の旅行記です。

本書はまず、自動車で世界中を回ったという、なかなか目にすることのできない内容で
旅行記として面白く、読んでいて自分も旅行に行きたくなる一冊です。

次に、世界各国を実際に自分の足で回って見て気づいたり分かったりした部分
について書かれている、という点で貴重な一冊と言えます。

例えばアフリカ。先進国の援助が腐敗した役人の懐に入ってしまったり、
支援として送られた食料やTシャツなどが、本来の意図とは逆に地元の人の
仕事を奪い生活を破壊している、といった状況があり、先進国への債務を
放棄する代わりに援助はやめるべきだ、といった主張が行なわれています。

そして、成功した投資家が各国の政治や経済について、実際に何を見て
何を考えたのかが分かる点が個人投資家として興味深いものでした。

国民の年齢構成や勤労意欲、物や人の流れ(貿易と移動)が自由であり、
政府の規制が少ないこと、などが重視されていて、自由な経済活動が
経済を活性化させるということが度々主張されています。
特にヨーロッパやアジアの記述を読むと、まるで現地でその国を題材に
マクロ経済学の講義が行われているかのように思ったほどです。

投資を行なう際に、各種の経済指標や財務諸表の数字、ニュースを見るだけで
分かった気になっているようではだめで、実際に現場に足を運び、自分の目で
見て考えられるようになることが、成功するために重要だと本書から感じました。
スポンサーサイト

| 投資、金融 | 22:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://freelikewind.blog72.fc2.com/tb.php/74-9d0d84a2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。