RAVEN'S FLIGHT

投資と書評がメインのblogです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[読書記録] ドーン/平野啓一郎

ドーン (100周年書き下ろし)ドーン (100周年書き下ろし)
(2009/07/10)
平野 啓一郎

商品詳細を見る


2030年代の近未来を舞台に、人類初の火星有人飛行プロジェクトに参加した
宇宙飛行士を主人公に描いた作品。
と書くと火星の探索が主題のSFものみたいですけれど、火星の探索については
あくまで話の背景のひとつで、アメリカ大統領選挙を背景とした社会や政治の動きと
登場人物たちの描写を主に扱っていて、読み応えある一冊でした。

作品内では近未来だけあって、散影という誰でも記録を検索できる常時監視システムや
コンタクトモニター、AR、読書端末といった小道具が世界観と雰囲気を作っていています。

また、作中では分人主義(ディヴィジュアリズム)という、人間は場面場面で、
その場所や相手に会った様々な自分がいる、という概念がでてくるのですが、
作中の登場人物が、その概念を意識していることが会話や行動に見てとれて、
思想や考え方として興味深い概念でした。
スポンサーサイト

| 小説 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://freelikewind.blog72.fc2.com/tb.php/60-909c0997

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。