RAVEN'S FLIGHT

投資と書評がメインのblogです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[読書記録] アルファを求める男たち/ピーター・L・バーンスタイン

アルファを求める男たち――金融理論を投資戦略に進化させた17人の物語アルファを求める男たち――金融理論を投資戦略に進化させた17人の物語
(2009/09/25)
ピーター・バーンスタイン

商品詳細を見る


本書では、著名な金融理論の研究者の研究内容や機関投資家への
インタビューから、効率的市場仮説が、最新の金融の理論や実務の現場では
どういった捉え方をされているかについて知ることができます。


機関投資家の間では、行動ファイナンスの研究成果や金融工学の成果から生まれた、
投資戦略を活用し、市場の非効率性から超過リターンであるアルファを得ようと
熾烈な競争が行われています。
また、伝統的な資産クラス以外に不動産やヘッジファンド、PEファンド、天然資源などの
オルタナティブ資産への投資もより進んでいるということです。

この結果、市場の非効率性が源泉であるアルファが失われていくことになり、
より市場は効率的になっていくという、効率的市場仮説のパラドックスが興味深いものでした。

個人投資家にとっては、機関投資家の手法は真似できるものではないことと、
上記の効率的市場仮説のパラドックスから、パッシブ運用はやはり一定の魅力が
あるものと私は考えています。

また、機関投資家が投資を行う際には、
・投資家がコントロールできる要素はリスクだけであり、リターンよりもリスク管理こそが重要
・分散投資はリスク管理の最も効果的手段
・個別の資産の価格変動や期待リターンよりではなく資産間の共分散を重視
といった基本的な投資のセオリーを元に行っていることから、
これらの重要性を改めて確認できました。

オルタナティブ資産については、まだ投資手段が少ないこともあり
個人投資家にとって一般的になるのはもう少し先のことのように思います。
スポンサーサイト

| 投資、金融 | 18:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://freelikewind.blog72.fc2.com/tb.php/6-93a62d28

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。