RAVEN'S FLIGHT

投資と書評がメインのblogです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[読書記録] マイケル・ポーターの競争戦略


〔エッセンシャル版〕マイケル・ポーターの競争戦略〔エッセンシャル版〕マイケル・ポーターの競争戦略
(2012/09/21)
ジョアン・マグレッタ

商品詳細を見る

本書はポーターの経営戦略の理論をビジネスパーソン(経営学の学者ではなく)に向けて、著者がポーター本人の監修の下で新たにまとめ直したものです。

大きな特徴が「戦略」や「競争」といった用語について、ポーターによる厳密な定義を説明した後にポーターの理論の解説を行っていること。
これらの用語は一般にはもっと漠然と使われていて、私ももっと漠然と捉えていたので、この定義には驚きました。
厳密な思考はまずは使う言葉を厳密に定義するところから、なのかもしれません。例えば数学の証明でもそうですよね。


『戦略の本質は何をやらないかを選択することである』

「選択と集中」とはよく聞く言葉ですが、シンプルながらその意味はとても深いものです。
リソースに限りがある以上、取捨選択は不可欠。しかし、何かを足すよりも減らすほうがはるかに難しいことです。
競争相手がやっていることを敢えてやらないという決断をすることになるからです。

何かを「捨てる」という判断を行うには、その基準となるブレない軸とそれを貫く覚悟が必要なのです。
言い換えればビジョンがあるか、であり、これが戦略そのものの質を決めるということだと思います。

『ポーターのいう戦略的競争とは、他社と異なる道筋を選ぶこと、独自性を目指す競争のことである。』

これは誰もが同じ基準の元に最高のものを目指した場合、それぞれの差異が無くなりコモディティ化を招き、結果、不毛な価格勝負になってしまうということです。
これをポーターは「最高を目指す競争は、誰も勝てない破壊的なゼロサム競争と化す」と否定しています。
実は一般的な競争の考え方とは真逆の見方をしていて、いわゆる「ベストプラクティス」をも否定しているのには驚きました。

そして独自性を目指す競争をするには、顧客への「特徴ある価値提案」を、他社には模倣できない「特別に調整されたバリューチェーン」、「ライバル企業とは異なるトレードオフ」、「バリューチェーン全体の適合性(フィット)」をベースに、「長期にわたる継続性」を持って提供すべきだと述べられています。

これによって行われた差別化が長期的、持続的優位の源泉になり、結果的に業界水準を上回るROICを長期にわたって達成できるというわけです。

ポーターというと「5つの力分析」がまず思い浮かびますが、上記のようにポジショニングを実現するための企業活動の側も劣らず重要です。ポイントは企業全体を一つのシステムとして捉え、バリューチェーンの全体最適化を図ること。
ここが、ごく少数のスキルや能力自体を重視するケイパビリティ重視の見方と異なる点です。

以上のポーターの理論は、その後の経営戦略論のベースのひとつなので、他の経営理論(例えば「ブルー・オーシャン戦略」や「ホワイト・スペース戦略」)を理解する上でも役に立ちます。
また、競争戦略を理解し、その視点を持つことは企業に限らず個人レベルでも武器になると言えます。

なお、本書の後には、「競争戦略論1」でポーター自身のハーバード・ビジネス・レビュー誌の掲載論文を読むのがお勧めです。本書を読んでおくと分かりやすいと感じました。

競争戦略論〈1〉競争戦略論〈1〉
(1999/06)
マイケル・E. ポーター

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| 経営、ビジネス | 20:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://freelikewind.blog72.fc2.com/tb.php/261-1f28fa4a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。