RAVEN'S FLIGHT

投資と書評がメインのblogです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[読書記録] マネー・ボール


マネー・ボール (RHブックス・プラス)マネー・ボール (RHブックス・プラス)
(2006/03/02)
マイケル・ルイス

商品詳細を見る

本書の主役は、メジャーリーグのオークランド・アスレチックスのゼネラル・マネージャー、ビリー・ビーン。

資金が少ない為に有名選手を大勢抱えることができないにも関わらず、アスレチックスはなぜメジャーリーグで好成績を残しているのか。その成功要因に迫るのが本書です。


アスレチックスの成功の原点は、野球の諸要素をあらためて見直そうという姿勢にある。

アスレチックスがドラフトやトレードで獲得した選手の大半は、古い野球観のせいで過小評価されていたプレーヤーだ。

ビリーの戦略のポイントは、野球データの統計と解析によってそれまで一般的に言われていたのとは違う、真に勝利に貢献できる能力を見出せたということ。
これによって、バリュー投資のように過小評価された選手を集め、資金量を高い投資効率でカバーするというやり方を実践できたというわけです。

そして、その方針をチームビルディングといった戦略レベルからゲームの戦術レベルまで貫き、従来の評価基準による外部の声(メディアの評価など)は無視した、という徹底したやり方ができたことが成功要因と言えます。
サブプライム証券の全盛期にCDSに投資して成功したジョン・ポールソンに近いものがありますね。(参考記事:「史上最大のボロ儲け」)

ここで、これまで使用されてきた評価基準が実は勝利に直結するものではなかった、つまり物差しとなるKPI自体が間違っていた、というのは結構怖いことですよね。
例えば食品や健康などの通説が科学的な根拠に基づいたものではないために実は逆効果だった、というようなものなので。

なお、野球において真に有効な評価基準の研究を始めたのは、ビル・ジェイムズという人で、その成果は「野球抄」という本にまとめて毎年出版していたようです。
また実際にチームの経営に統計と研究成果を持ち込んだのも、アルダーソンというビリーの上司が先例のようです。
つまり革新的な戦略もそのすべてを自分達だけで編み出す必要はない、ということです。

また、なぜ他のチームが従来のやり方にずっと固執したままだったのか、については著者が後書きで、メジャーリーグの球団はビジネスではなく社交クラブだ、と鋭く批判しています。
もしこれが普通のビジネスであれば、成功した商品やビジネスモデルはすぐに模倣され、その優位性は短時間で消えてしまったはずです。

ビリーの戦略は確率に基づく裁定取引のようなもので、評価基準の歪み(=裁定機会)が変わらなかったために長く優位に立てたわけです。反面、ビリーの手腕がなかなか評価されなかった、ということでもあるのが難しいところですね。

なお、本書では試合やドラフト指名、他球団とのトレードのシーンなどがスリリングに描かれていて、ドキュメンタリーとして面白く読めた本でした。
スポンサーサイト

| 経営、ビジネス | 21:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://freelikewind.blog72.fc2.com/tb.php/233-a56b1fe8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。