RAVEN'S FLIGHT

投資と書評がメインのblogです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[読書記録] ザ・ラストバンカー


ザ・ラストバンカー 西川善文回顧録ザ・ラストバンカー 西川善文回顧録
(2011/10/14)
西川 善文

商品詳細を見る


不良債権処理に活躍した三井住友銀行の頭取、西川氏の回顧録です。

特に興味深かったのがご本人がアグレッシブな人で、歯に衣着せぬ言い方ではっきり持論を述べられているところ。

本書で述べられている持論の数々や、様々なエピソードからそれが出ていて、顔が見える最後の頭取(=ラストバンカー)というのは伊達ではないと感じました。
それだけに、ビジネスパーソンとして学べる部分の多い本でした。


例えば企業調査を行う部署にいたときのレポートについて。
レポートを上司に提出した際に無難な内容に修正されたことが度々あったそうですが、その時にはなんと文句を言って元の内容に直して審査部に出していたそうです。

レポートで「最も大切なのは、明確な結論である。」という氏の主張自体には、誰もが賛同すると思いますが、実際にそこまでできる人はそうそういないわけです。
なお、「結論を明確にせず無難なレポートにまとめる優等生は、その後見事なくらい出世していない。」そうです。

その他のエピソードでも、批判やタブーを恐れずに行動する(例えばタブーとされていた赤字決算を行う)という姿勢が貫かれていて、仕事に対する姿勢について考えさせられました。

印象に残っている氏の持論をいくつかピックアップしてみます。

・会社はやはり最後には人だということだ
・スピードとは他のどんな付加価値よりも高い付加価値だ
・自分が火の粉をかぶってでも、いまやらなければならないことを先送りせず、率先垂範、先頭に立ってやる
・何事も現場を見ろ、現場に聞け、現場に学べ
・痛んだ起業の痛んだ事業と痛んだ資産を立て直すとは、雇用と事業をどこまで守るべきなのかを痛みを持って決断することである。

なかでも、最後の言葉からは、企業再生と不良債権処理にずっと取り組んでいた人ならではの重みが感じられます。

また、安宅産業の危機やイトマン事件、住専最近では郵政民営化やかんぽの宿の件など、日本経済史上に残る事件について、重要関係者としてその内幕が語られているという点も本書の興味深いところです。

マスコミの報道では、これらの事件について金融機関側に対して批判的な報道が多いのですが、本書では、ビジネスの現場における合理性に則って行動してきた、ということが主張されています。

例えば郵政の民営化においても、採算の合わない地方の郵便局について、いかにユニバーサルサービスを守っていくか、という視点でビジネスモデルを作ろうとしていたとのことです。

個人的にはなるほど、と納得することが多くありました。やはり批判されている側の主張を知ることが、物事を多面的に見るために必要だと実感しました。
スポンサーサイト

| 経営、ビジネス | 00:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://freelikewind.blog72.fc2.com/tb.php/226-46db5a07

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。