RAVEN'S FLIGHT

投資と書評がメインのblogです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[読書記録] COURRiER Japon 2012年5月号


COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2012年 05月号 [雑誌]COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2012年 05月号 [雑誌]
(2012/03/24)
不明

商品詳細を見る

今回の特集:日本の「明日」の話をしよう、は現在様々な分野で活躍している30歳前後の7人へのインタビュー記事です。
今の日本が直面している閉塞感は、これまで追っていたテーマであり、そして自分とちょうど同じ世代の人たちが取り上げられているだけに、色々と考えさせられる内容でした。


■瀧本さんと考える 「これからのキャリア」をどうデザインすべきか?(P18)
冒頭に引用されているとおり、最大のポイントは「コモディティ化しないこと」です。

まずマクロな視点でキャッチアップモデルが崩れたという指摘がありました。
これが意味することは、逆に言えば、今という時機は新しいモデルを自分達で創っていく側に来ているということです。

そして、ミクロなレベルに当てはめると、マーケター的能力を持てということになるのだと。
「自分が置かれた状況を利用して、市場を徹底的に読み解く能力を磨く」というのは、ニッチ戦略を追求することになり、冒頭にあったゲリラ戦、という言葉がまさにそれを表していると思います。
今、ノマドというワークスタイルが出てきていますが、それがいい例なのかもしれませんね。

■アップルの製造拠点の移転(P22~)
ここでのポイントは、経済の発展段階によって比較優位は変わってくるということ。
記事では、ジョブスの求める品質の製品はアメリカ国内では作れず、中国のフォックスコンの工場に生産拠点が移転した、というエピソードがありました。
これは非常にインパクトがありますよね。もはや中国は低コストなだけの製造拠点ではない、ということなので。

■長谷部さんと考える 「世界に出ていく」ために何が必要なのか?(P27~)
スポーツ選手の場合、世界で活躍を目指すというのはもはや普通ですよね。
この記事では、そういったスポーツ選手がどういう考え方をしているのかが良く出ていて、特に「失敗も成功も誰か周りの人が決めるものではなくて、自分が決めるもの」という言葉が良いと思いました。

日本の企業もここのところ海外進出や海外企業のM&Aが目立ち、海外で仕事をするという選択肢も以前より増えてきたと思います。それだけに指針にしていきたい、と。

■山口さんと考える 「途上国の人たち」と共生することは可能か?
バングラディッシュでの起業について、「ただできると思った」「かわいいジュートバッグを作りたい」という気持ちが出発点だったと語っていました。
その出発点が、誰でも共感できる、ごくごく等身大の気持ちにあるというのが印象的で、むしろ逆に凄みを感じました。

というのも、インタビューの中で、

自分との「対話」のなかで決心ができたのがよかったと思います。もしいろいろな情報や誘惑があったら、起業なんて決断はできなかったでしょうね。

何か新しいことに挑戦するとき、過去のデータや事例だけを参考にしても必ず行き詰る。だから、そういう情報を無視して突き進むこともすごく大事だと思う。

とあって、自分自身と向き合って出てきた答えだからこそ、とてもシンプルで地に足の着いたものになったのだと思うからです。

2011年7月号のクーリエにあった、「リーダーシップの本質、それは"孤独"である」という米軍士官学校でのスピーチの記事に通じるものがあって、今回の特集の中でも特に刺さる内容でした。

今回の特集で思ったのは、今、失われた20年だのミドルクラスの崩壊だの色々と言われていようとも、結局のところは自分次第で自分がどう生きたいのか、だということです。
バフェットの言葉を借りれば、「内なるスコアカード」ですね。

そうして改めて見ると、今回の特集で見てきたように、今の日本にはこれまではなかった選択肢がいくつもあるわけです。むしろ可能性が大きく広がっているともいえます。

そう考えれば、特集の冒頭にあった「これまでの「常識」が覆され、一人ひとりが海図なき航海を強いられる。」という言葉も、意味が180度変わってきますよね。
それは自由な世界ということであり、むしろ歓迎すべきことだと。そう思います。
スポンサーサイト

| ニュース、ビジネス誌 | 21:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://freelikewind.blog72.fc2.com/tb.php/218-c413eb06

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。