RAVEN'S FLIGHT

投資と書評がメインのblogです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[ニュース] ギリシャ債務減免の決着、先進国の緩やかな経済回復

ギリシャ債務減免が決着、ユーロ圏による追加支援に道(AFP)

ギリシャは近く満期を迎える国債を償還できる見通しとなった。また、経済立て直しの新たな機会を得たほか、世界的に大きな混乱を及ぼす恐れがあったデフォルト(債務不履行)は回避された。

3/9のギリシャの債務減免交渉の結果、昨年後半を騒がせたギリシャ危機がようやく一段落。ただし、これで欧州危機に決着がついたわけではないです。経済成長率が上向かないことには根本的な解決にはならないので。


ユーロ圏の危機にスペインのシエスタはない(JBPress)

ギリシャの債務状況は相変わらず、持続不能だ。ポルトガルの債務状況も然り。欧州の銀行部門やスペインの債務状況も同様だ。たとえECBが2010年代の終わりまで低利資金を無制限に供与したとしても、それだけでは不十分だ。

この記事もそうですが、Financial Timesは欧州危機の先行きに対し、まだまだ懐疑的で「危機は終わっていない」という見方をしています。
現在はいったん下火になっているだけで、また危機が再燃する可能性は十分に高いと思えます。というわけで今後はスペインに注意しておいたほうが良さそうです。

3月ユーロ圏総合PMI速報値、予想外に低下(ロイター)

ユーロ圏の景気後退(リセッション)入りは確実な情勢となった。

ユーロ圏の景気後退自体は前々から警告されていたので、実際に確認された、といったところ。

世界経済:これはもしや・・・回復か?(JBPress)

米国では、企業が雇用を拡大し、消費者が支出を増やしている。ユーロ圏の景気後退は、予想よりも緩やかなものになっている。

ずいぶんと懐疑的なタイトルですが、不動産バブルの後遺症は長引く傾向があるので、回復が緩やかなものになるのは仕方ないところです。

MSCI世界株価指数は、2012年の年初から9%近く、2011年10月の安値からは20%上昇した。

株価指数の方は急速に回復。やはりボラティリティが高いことには変わりないですね。

バーナンキ米FRB議長の議会証言要旨(ロイター)

米経済の回復は続いているが、拡大ペースは一定でなく、歴史的水準と比べると緩やかだ。

スポンサーサイト

| 経済、投資関連ニュース | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://freelikewind.blog72.fc2.com/tb.php/215-9664344e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。