RAVEN'S FLIGHT

投資と書評がメインのblogです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第4回インデックス投資ナイトに参加しました

1/7に「第4回インデックス投資ナイト 」へ参加しました。

今年の座談会は2部構成になり、ゲストの方が話すだけでなく、会場の参加者の方へ意見を求めてインタビューが随所で挟まれるという新しい試みがありました。
会場のモニターでハッシュタグ#idxnghtのツイートが表示されるようになっていたことと合わせ、双方向性を持たせることは会場の一体感を作るのに役立っていたと感じました。


■ファンド・オブ・ザ・イヤー
今年のファンド・オブ・ザ・イヤーの結果で特徴的だったのが、2位「結い2101」、4位「ひふみ投信」とアクティブファンドが入賞していたことです。

現在、主要な資産クラスで低コストのインデックスファンドが揃い、コスト競争もいったんは落ち着いたように感じますが、その次の流れを感じさせる結果だと思いました。

■第1部「なぜインデックス投資をするのか」
ゲストと会場の方の回答を大きく3つに分類すると以下のように。
(1)資産を増やしたい
(2)購買力を維持したい(資産を守りたい)
(3)お金以外の付加価値(投資を通じて勉強できる、趣味である)

第1部では、内藤忍氏が「単純にインデックスファンドを買うということに対してもう一歩先を考えよう」というスタンスで問題提起していたのが面白いと思いました。

どんな理論であれ反証可能性を持たなければ、それは科学ではないわけです。その意味で思考停止を避ける為、こういった問題提起は価値のあることだと思います。
なお、個人的には山崎元氏と内藤氏の間での議論を見てみたかったですね。

以下、印象に残った発言をいくつか。

「貯金しても今の低金利ではお金が増えないから投資する」(会場の意見)
→「貯蓄と投資は性質が違うものだ(保管と増やすという違い)」(岡本和久氏)

安全資産とリスク資産をまずは分けて考えるべき、ということですね。

ここで、一般に低金利が指摘される場合、名目金利の話にしかならないのは気になるところです。本当は物価指数で調整した実質金利をベースに議論されるべきだからです。

「インデックスを買っても市場全体を持っているわけではない」(内藤氏)

こちらについては、各種指数はあくまで擬似的なもの(ほぼ全体をカバーしているもの)で構わないと考えています。
直接保持しなくても、同じ経済圏の指数を所持することで間接的に影響を受けることになるからです。

例えば、上場していない会社は株価指数にも含まれていないのですが、その会社と取引(あるいは競合)する会社が上場していれば、株価指数も間接的に非上場会社の業績に影響を受けることになりますよね。

「投資家の視点が近視眼的、20年~30年先を考えるべき」(内藤氏)

目先の動き(やニュース)に一喜一憂しない、という基本は忘れてはならないと思います。
また、そのニュースが一時的なものに過ぎないのか、それとも長期的に影響を与える(=自分の投資シナリオを見直す必要がある)ものなのか、という点について見極める必要があると思います。

「投資における"納得感"」(内藤氏)

これは、例えば、物を買うときに純粋に価格と機能だけで選んだりしないのと同じ意味で、賛成する人も多いと思います。
一方で、納得イコール理解ではないので危うさもある言葉だと感じました。

■第2部「インデックスファンドvs国内ETFvs海外ETF」
こちらでは、各商品のメリット・デメリットを中心としてゲストの方のトークが交わされましたが、最も気になったのが、国内の投資環境の今後についての話です。

アメリカでは運用資産に応じたフィーをもらう仕組みを入れた結果、コストの低いETFが普及した。(カン・チュンド氏)

つまり、米国の例のようにインセンティブの構造を変えることができれば、日本でもETFの普及と発展が見込めるということです。
実際、ここ数年でインデックスファンドについては相当改善されているので、ETFについても今後同じように良い方向に変わっていくことは期待できると思います。投資家の側としては長い目で応援したいですね。
スポンサーサイト

| 投資関連の話題 | 23:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://freelikewind.blog72.fc2.com/tb.php/203-f96f8c2d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。