RAVEN'S FLIGHT

投資と書評がメインのblogです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[ニュース] 円高と国内財政の関連ニュース

現在の日本経済の大きな話題と言える、円高と国内財政問題の関連ニュースに焦点を当ててみました。

日本企業の海外買収攻勢:武器は強い円
(JBPress)

外国企業の買収は、裏側から日本の産業を国際化している。日本株式会社は巨大な政府系ファンドのように活動し、国内の投資収益を稼ぐために資金を海外に回しているのだ(そして日本が経常黒字を維持するのを支えている)。



企業の側としてみれば、国内に投資機会が少ないのであれば、現在の円高を活用しM&Aを初めとした海外投資を増加させるのは当然の動きですね。
そしてそれが企業の国際化にもつながり、ここでグローバル化に対応しシェアを拡大できた企業は、さらなる成長が見込まれるはず。

また、グローバルに展開している企業の業績については、ますます世界経済との連動を強めることが予想されます。例えば、国内市場が振るわなくとも海外市場で稼いで増収増益、といったシーンが見られることも十分に考えられるわけです。

一般会計90.3兆円 国債依存度は過去最悪=12年度予算案
(ロイター)

消費税増税、「13年10月に8%、15年4月に10%」で調整へ
(ロイター)

厚労省の「年金ムラ」に年金改革はできない
(JBPress)
年金について何冊か本を出している鈴木亘氏の記事です。
・年金の基礎年金部分を消費税で賄う
・基礎年金以外の部分は、現在の賦課方式から積立方式への移行が必要
という解決策は、氏の著作での主張からブレず一貫していますね。
(参考記事:[読書記録] 年金は本当にもらえるのか?

海外投資家が日本国債を積極購入、7─9月は発行分の7割占める
(ロイター)
日本の財政の先行きに不安を感じさせるニュースが並んでいる中で、海外勢が積極的に日本国債を購入していて、しかも長期債への投資の増加が目立つ、というのは興味を引くニュースです。
アメリカ、ヨーロッパでそれだけ財政リスクが高まっていること、分散投資を進めたいというニーズがあること、が原因に考えられます。

また、これまでほとんどが国内で所持されてきた日本国債が、海外から買われているということで、日本国債の市場も海外と連動性を高めていくことが予想されます。
同時に、今までのような低金利での国債発行は難しくなるのでは、と。
スポンサーサイト

| 経済、投資関連ニュース | 20:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://freelikewind.blog72.fc2.com/tb.php/199-ccf20e70

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。