RAVEN'S FLIGHT

投資と書評がメインのblogです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[読書記録] サイバービア

サイバービア ~電脳郊外が“あなた”を変えるサイバービア ~電脳郊外が“あなた”を変える
(2009/07)
ジェイムス ハーキン

商品詳細を見る

人間とは終わりの無い情報ループを進むメッセンジャーである、というアイデアはサイバネスティックスと呼ばれる。本書はそのアイデアの成り立ちを綴った非公式の伝記だ。


Twitter、mixi、FACEBOOK等々のSNSが普及することで、今までよりも多くの人と、多くの時間をネットで過ごすようになったという人は多いと思います。
電子ネットワークによるつながりがますます強くなる今の世界について、情報処理とネットワークという観点から解説した一冊です。


著者は、マーシャル・マルクーハンの「メディアはメッセージである」という言葉を引用し、通信メディアを理解するうえで本当に重要となるのは、伝達される内容ではなく新たなメディアが社会のイメージを変えその発展を加速させることだ、と主張しています。

また、人間を「巨大な社会的ネットワークにおいて情報を処理する存在」とみなすことが、現在の基本設計概念(アーキテクチャー)になっている、と主張しています。

新たに登場した技術や学問における概念の視点から人間や社会を見ることで、新たな世界観やパラダイムが登場することの一例ですね。(蒸気機関や進化論などもそのひとつだと思います)

面白かったのは、サイバネスティックスの発展の経緯です。
当初、軍事目的(敵の爆撃機を打ち落とす)の研究から生まれたサイバネスティックスとネットワークの技術が、一部のヒッピーたちの間で使用されるようになり、後のコンピュータ産業に受け継がれていった、ということです。
インターネット自体も冷戦時のARPANETから生まれたものですが、軍事から応用された技術の多さに改めて気づかされました。

また、この経緯を考えると、ハッカー達に反体制・反権力的な傾向がある(例えばウィキリークスなど)のもうなずけるものが。
ネット持つの双方向の情報発信という特性自体が、情報を統制することで成り立つ権威や権力とは反対の方向にある、とも考えられます。

そしてもう一つ、興味深い点がサイバネスティックスのもたらしたものです。

ネット上のピアツーピア・コミュニケーションの目的は、自分たちが見るもの、読むもの、聞くものを管理局や当局に統制させず、互いに対等な人々のコミュニティによって直接的なコミュニケーションを取り戻すことだったはずだ。ところがサイバービアにたどり着いてみると、不要な情報をふるい落とすためには仲間(ピア)の協力が必要だとわかった。

ネットにおいて大勢の一般の人の評価が重大な影響力を持つという特徴があります。うまく働けば「群衆の知恵」をもたらしてくれるのですが、例えばgoogleの検索結果がSEOによって影響される、人気のあるコンテンツに更に人気が集中する(マタイ効果)、など逆の場合もあるわけです。
SNSでヤラセ広告を行ったことが判明して炎上したエピソードが紹介されていましたが、ヤラセは論外にしても、ビジネスにネットを利用するには注意が必要といえます。
特に意思決定において、ネットの群集の意見を参考にするのは、往々にして失敗しやすいようです。

ネットのおかげで情報ループがすべての人に公開されている今、人々は他人が選択するたびに、その選択に関する電子フィードバック・ループに合わせて自分の意思とは関係なく調整せざるを得なくなっている。

また、絶え間なく送られてくる情報に常に反応している状況というのは、逆に生産性を低めることになりかねないという側面があることにも注意したいものです。

本書では、米軍の「兵士と電子情報とを緊密に結びつけて情報化時代に合わせようとしても、兵士が神経過敏になって混乱するだけに終わる場合が多い。」という結果が紹介されています。

新しい情報に応じて的確に対応する必要がある一方で、あまりに過敏になり過ぎてもいけないということです。
このあたりの情報収集と意思決定については、SNSをどう使用するか、ということとあわせて考えるべきことが多いなと思いました。
スポンサーサイト

| 自然科学、技術 | 17:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://freelikewind.blog72.fc2.com/tb.php/174-26033c9a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。