RAVEN'S FLIGHT

投資と書評がメインのblogです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第3回クーリエ・ジャポン読書会@幕張(8/12)

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2011年 09月号 [雑誌]COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2011年 09月号 [雑誌]
(2011/07/25)
不明

商品詳細を見る

8/12(金)のクーリエジャポン読書会(幕張)に参加しました。
クーリエジャポンの朝食会/読書会は、すぐに予約が埋まってしまうのですが、今回はちょうど休みの日に良いタイミングで参加できました。


■中国について
・富の再配分がうまくいっていないという問題は、エジプトなどのように暴動にも
 →急速な成長とその反動
・今回、富裕層を取り上げた記事が多く、ワーキングプアのような低所得層の記事も一部であったが、普通の庶民の中流層がどうなのかを知りたい
・民族を形成するには「敵のイメージ」が必要
 →中国の民族は人種や言語ではなく自己申告
・戸籍によって人の移動を制限している
 →都市か農村か、という出自に縛られることに。かつての韓国にもあった
 →明治の頃の日本にも官軍/賊軍というくくりが

今回の特集が"中国はここまで「豊か」になった"だったので、やはり中国関連の話題が上がることが多かった印象が。最近好調な韓国についても特集して欲しい、という意見もありました。

■ソーシャルメディア
・記事ではSNSの広告は利益が出ていないとあったが、間接的に儲けにつながるのでは
・Amazonなどである「この本を読んでいる人はこの本も読んでいます」、これは読む本が偏ってしまう恐れがある
 →Webで偏った情報ばかりを得て、視野が狭くなる人も
 →Amazonで、良い評価と悪い評価を対比させて表示しているのは良い
・本当に欲しくて買ったのではなく、広告につられて買ってしまう場合も
・FACEBOOKに「いいね!」ボタンしかないが、悪い評価もあってよいのでは
 →YouTUBEだと良い・悪いの両方がある

Webの場合、見たいものを選択して見ることになるので、自分と同じ意見ばかりを見る、自分の考えを裏付ける情報ばかりを集めてしまう、いわゆる追認バイアスの危険性が増す可能性が大きいわけです。(バイキングで好きなものだけ食べてしまうイメージです。)
なので、どうやって自分の中でバランスをとっていくか、という点について方法を考える必要ありですね。

■社会保障と政府
・大きな政府か小さな政府か
 →政府の良い悪いは、歴史と同じで後の時代の人間が評価するものなのかもしれない
・スウェーデンでは、自分が払った分がちゃんと戻ってくるという安心感がある。しかし、日本の年金の場合は疑問
・減税について、減税とひとくくりで語ってしまうのはどうだろうか。減税にも良い減税、悪い減税の区別があるはず。企業の競争力強化の為に法人税は下げて、代わりに所得税を上げるなど
・高所得者は税金に対するノブレスオブリージュが欲しい

大きな政府、小さな政府についての意見は色々ありますが、日本の社会保障の場合、所得分配後に不平等度が増していて、制度がうまく機能していないという点は最大の問題点として指摘しておきたいです。

■その他
・マドンナのアフリカ支援の記事は、有名であることがマイナスに働いてしまったケースで、シャロン・ストーンなどの成功例も
・アメリカで不法移民であっても優秀な人には門戸を開く意識が見れた
 →制度のバックアップがない、政治の側が動いていないということでもある
・いわゆるWASP(ホワイト、アングロサクソン、プロテスタント)がエスタブリッシュメントだったのが、アイルランド系のケネディ、黒人のオバマ大統領の登場で変わった
 →人口構成の変化によって、変わっていく部分だと思う
・節電について、化学や鉄鋼の大工場では自家発電を導入しているので、あまり影響が無い場合も。むしろ中小企業の方がきついのでは
→半導体工場は大きく影響を受ける

他にも、原発の話から発展して、核兵器の所持と核抑止力についてにまで話が発展したりしました。
クーリエは取り扱う範囲が広いので、読書会でも様々なバックグラウンドを持つ人と意見交換できるのが、新鮮で面白いですね。あっという間の2時間でした。
スポンサーサイト

| 日記、雑感 | 18:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://freelikewind.blog72.fc2.com/tb.php/172-df868576

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。