RAVEN'S FLIGHT

投資と書評がメインのblogです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[ニュース] ユーロ圏財政問題、次はイタリア危機?

7/11に国債・株式が急落したイタリア。
PIIGS(ポルトガル、イタリア、アイルランド、ギリシャ、スペイン)のなかで、ギリシャ、ポルトガルに続いて、今度はイタリアが危機の可能性があると注目されたようです。

当局による懸念を否定する発言と、急落を投機筋によるものだと非難する発言を見ると、金融危機の典型的な初期状態のようにも思えてくるのですが。

イタリアの国債・株式が急落、債務危機波及への懸念で=欧州市場
(ロイター)

イタリアの銀行株・国債下落、ドラギ氏懸念払しょくに追われる
(ロイター)

イタリア国債・銀行株の急落、投機筋による攻撃=モンテパスキ銀幹部
(ロイター)

ECB専務理事「イタリアはデフォルトに陥らず」
(ロイター)

ストレステストの結果を受けてイタリアの銀行セクターが追加資本の増強を迫られる可能性があるとの懸念から銀行株は下落、イタリア国債の保証コストは上昇した。同国の政治情勢の不安定化も圧迫材料となっている。



ユーロ圏の安定確保に新たな措置へ:識者はこうみる
(ロイター)

11日に開催されたユーロ圏財務相会合では、ギリシャなどのユーロ参加国を救済するため、債務の期間延長や金利引き下げ、救済ファンドの柔軟性向上など、新たな措置を講じることで合意した。


ECB、ポルトガル債の担保基準を緩和―金利は引き上げ
(THE WALL STREET JOURNAL日本版)

欧州中央銀行(ECB)のトリシェ総裁は7日、協議が続いているギリシャの支援策について、「選択的デフォルト(債務不履行)」などのクレジットイベント(信用事由)には当たらないとする姿勢を改めて強調した。

ECBはこの日、市場の予想通り政策金利を0.25ポイント引き上げ1.5%とした。

ECBはFRBやイングランド銀行よりもインフレを警戒しているようです。

欧州ストレステスト結果15日に公表、コア比率5%近い場合は監視も
(ロイター)

EU加盟国は、ストレステストで不合格となった自国の銀行が半年以内に新たな資本を調達できなかった場合、それらの銀行を国が支援することを約束する方針を検討している。

イタリアの7/11の急落はまだあくまで一過性のものとは思いますが、今後を占う意味でこのストレステストの結果には要注目したいところ。
スポンサーサイト

| 経済、投資関連ニュース | 21:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://freelikewind.blog72.fc2.com/tb.php/161-722ef1bb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。