RAVEN'S FLIGHT

投資と書評がメインのblogです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[読書記録] 100年予測

100年予測―世界最強のインテリジェンス企業が示す未来覇権地図100年予測―世界最強のインテリジェンス企業が示す未来覇権地図
(2009/10/09)
ジョージ フリードマン、George Friedman 他

商品詳細を見る

地政学的見地から21世紀の世界がどうなるのかを予測した一冊。

・アメリカ・イスラム戦争は近く終局を迎える。
・勢力を回復したロシアは、アメリカと第2の冷戦をひきおこす。
・アメリカへの次の挑戦者は中国ではない。中国は本質的に不安定だ。
・今後、力を蓄えていき傑出する国は、日本、トルコ、ポーランドである。
・今世紀半ばには、新たな世界大戦が引き起こされるだろう。その勝敗を左右するのはエネルギー技術であり、宇宙開発である。
・そして、今世紀の終わりには、メキシコが台頭し、アメリカと覇権を争う。
(扉ページより)


このように、本書では一般的な見方とは異なる大胆な予測を行っています。
この予測がどのような考えを基にしてできたのか、という部分が読んでいて非常に面白い一冊でした。


特に興味深かったのは、予測のベースとなる地政学とはどのようのなものか、という部分です。

・地政学とは、世界について考え、将来のできごとを予測するための手法をいう。
・国家やその指導者たちによる短期的な自己利益の追求が、国富とはいかないまでも、少なくとも予測可能な行動をもたらすため、結果として将来の国際システムのあり方が予測可能になると考える。
・地政学が扱うのは、国家や人間に制約を課し、特定の方法で行動するように仕向ける、非人格的な大きな力なのだ。


著者は、国家が各種制約のある中で合理的に行動する(=自己利益が何かを把握してそれを追求する)という仮定すると、自然と行動の幅は限られるので、その行動もある程度予測できるという考え方をしているわけです。
「合理的選択理論」や「ゲーム理論」を国家レベルでの行動に応用している、とも考えられます。

【地政学の前提条件】
①人間は自分の生まれついた環境、つまり周囲の人々や土地に対して、自然な忠誠心をもっている
②国家の性格や国家間の関係が、地理に大きく左右される


特に注目したのは②です。例えばジャレド・ダイアモンドの「銃・病原菌・鉄」にあるように、人間の文明に地理的条件は大きな影響を与えてきたものであり、今後もそれは変わらないものだと考えられるからです。

ここから例えば、海上輸送のコストは低いので、太平洋と大西洋の両方に面しこれを支配できる力を持つアメリカは、21世紀においても軍事・経済で優位にある、という主張が導かれているわけです。

また、地理的条件以外にも、中国は国内の格差問題から不安定さを内包する、アメリカはプラグマティズム(実用主義)に重きを置く価値観を持つ、といった各国の国内事情や文化に基づく考察や、先進国の生活スタイルの変遷と出生率低下から生まれる価値観の変化に対する考察など、大きな視点で変化をとらえた考察がいくつも述べられていて、読み応えがある一冊でした。
スポンサーサイト

| 経済、社会 | 21:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://freelikewind.blog72.fc2.com/tb.php/153-0308780e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。