RAVEN'S FLIGHT

投資と書評がメインのblogです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「金融経済読書会(in FED)」(5/21)

5/21に「金融経済読書会(in FED)」に初参加させて頂きました。

こちらは課題本を予め読んでおき、参加者同士で考えたことや気づいたことを議論する、という内容の勉強会です。
私の場合、経済学は独学しているだけの門外漢(なにしろ工学部出身のITエンジニア)なので、理解を深めるために勉強会に出たいと思っていたことが今回の参加のきっかけです。

今回の課題本は「2011年度版新しい経済の教科書」。
新しい経済の教科書2011年版 (日経BPムック 日経ビジネス)新しい経済の教科書2011年版 (日経BPムック 日経ビジネス)
(2011/03/28)
日経ビジネス

商品詳細を見る

本書では、震災や財政赤字の影響といった注目の話題についての解説や、比較的若手のエコノミストによる最新の経済理論の論点の紹介、第一人者による経済問題についての解説、などの話題が取り上げられています。
理論に偏重することなく、旬の話題を幅広く分かりやすく解説している点がポイントです。


今回話題にあがったテーマについて、簡単にまとめてみました。

■雇用
・国別平均勤続年数のグラフをみるとアメリカの勤続年数の短さが目立つ
 その是非は別として、アメリカの雇用の流動性は高いと言える
・雇用の流動性は業界による違いも大きいはず、金融業会は高めに感じる
・年齢別完全失業率のグラフから、若年層の失業率が高くなる傾向が見て取れる
 エジプトの革命の原因も若年層の失業率と言われていて、社会不安につながる
・新興国では、人口構造(若年層の割合が高い)に雇用の供給が追いついていない


■格差
・いままで世帯間の格差に注目され、個人間の格差は研究されてこなかった
・既に2世代目、3世代目の格差が生まれていて、教育格差という形で現れている
・高収入で高学歴の両親を持つ子供は、やはり有利
 これは遺伝的なものなのか、環境的なもの(両親が教育熱心など)なのか?
・子を持つ親も二極化している
 学校の授業参観で親の年齢層も、20代前半の「やんちゃな親」と、
 30台の「しっかりした親」に分かれるという傾向に

■震災
・地震リスクが今回の震災で注目されるようになった日本に、
 これまでと同じように製造拠点が置かれるか?海外に移ってしまうのではないか?
・活断層のある場所、地域には工場などを建てられないのでは?
 地震に対しては、レンガや石で建物を造っている国は安全、と言われる。
 (ただし、あくまで地震に対しての評価のみ)
・製造拠点を分散する、という流れに向かうのでは
 国や地域を評価するにあたり、対災害性という観点がより注目されるのでは

この他にも、
・デジタルマネーは金銭感覚がマヒしてお金をついつい使ってしまいがち
 →リチャードセイラーの「行動経済学」
・インドへ行った経験のある人から現地で感じたことの話
 (社会やインフラの問題点、知識層のレベルは高い、国内の民族間で壁がある、など)
・シェア型の消費(→参考記事:[読書記録] シェア)が広まっていくことによって、
 生活に要する金額が減少するのでは
と様々な話題や意見が出て学ぶところの多い時間でした。
スポンサーサイト

| 日記、雑感 | 23:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://freelikewind.blog72.fc2.com/tb.php/148-1ef651d6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。