RAVEN'S FLIGHT

投資と書評がメインのblogです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[ニュース]財政、金融政策と日本国債

最近の日本の財政・金融政策と国債に関するニュースです。
日本国債の信用(=金利)はどうなるのか、と密接に関連がある内容なので現在要注目のテーマと言えます。

余震に身構える日本国債の投資家
(JBPress)

最大25兆円と推定される巨額の復興費用を考えると、政策立案者にとって課題となるのは、金利の上昇を防ぎ、日本国債の利回りを現在の水準近くにとどめておくことができるどうか、だ。



IMF:震災で日本の成長率予想を下方修正、米国も下げ-ANSA
(Bloomberg)

IMFは震災後の見通しで日本の今年の成長率を1.4%と予想。前回の1.6%から引き下げた。来年は2.1%成長を見込んでいる。
  米国の今年の成長率予想は2.8%と、1月時点の3%から引き下げられた。来年は2.9%成長の見込み。ユーロ圏の今年の成長率は1.6%(前回予想1.5%)と予想されている。


経済成長率の低下する分、税収も減少するので、なおのこと国債発行に頼らざるを得ないことが予想されます。

インタビュー:日銀直接引き受けは党内少数意見=津村前内閣府政務官
(ロイター)

「直接的な震災対策だけを考えるから、法人税減税の見直しといったナンセンスな議論が出てくる。間接的な産業空洞化を避け、対内直接投資、国内企業が海外に逃げなくて良いようなスキームを補正予算にビルトインしておかなければ、日本経済は今回の危機で疲弊してしまう」
「2けた兆円にはなるだろう震災補正のファイナンスとしては、第1がマニフェスト(政権公約)の大幅な見直し、次に必要なのが増税と国債発行で、どちらも必要だ」
「直接引き受けの弊害は2つ。財政規律が失われ、市場メカニズムを歪める。」


通常、国債を中央銀行が直接引き受けることはありえません。通貨の信認を失い、貨幣価値の暴落を招きかねないからです。
また、どのように資金を集めるかも問題ですが、どのように資金を配分するか(バランスシートで例えると資産の部)についての議論があまりされていないので、まずはこちらを議論することが必要だと思います。

円が対ドル83円台後半、1カ月半ぶり安値-米欧との金利差拡大見通し
(Bloomberg)

米欧の金利先高期待が強まる一方で、日本では東日本大震災の復興に向けて財政・金融両面での支援が必要との見方を背景に金利差拡大見通しが重しとなった。


なお、為替は円安に。

スポンサーサイト

| 経済、投資関連ニュース | 01:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://freelikewind.blog72.fc2.com/tb.php/134-e542ccce

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。