RAVEN'S FLIGHT

投資と書評がメインのblogです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[読書記録] COURRiER Japon 4月号

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2011年 04月号 [雑誌]COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2011年 04月号 [雑誌]
(2011/02/25)
不明

商品詳細を見る

■今月の特集:世界で売れる「ヒットの法則」
K-POP、ダイソン(家電)、フォード、UGG(靴)、McDonaldsなど、ヒット商品を
送り出している、さまざまな業界の企業の特集です。


・K-POP
日本でも活躍している韓国のアイドルグループ。その代表的な3つの大手芸能事務所を
織田・豊臣・徳川に例えての解説記事です。
普段、芸能界における競争戦略やビジネスモデルについて考えることはなかったので、
目新しいものだった一方、一般企業との共通点もあるのが面白かったですね。

また、注目したいのは韓国のアイドルを目指す若者達が、始めから日本を始めとした
海外に進出することを目指して熾烈な競争を行なっている点です。
サムスンなどの大手韓国企業もそうなのですが、韓国では国内の市場規模が小さい為に
海外への進出は生き残る為の必然条件となっていて、この淘汰圧が国際競争力の高さに
繋がっているように思えます。まさに「半島を出よ」というわけですね。

・ダイソンとフォード
ダイソンは「羽のない扇風機」、「紙パック不要の掃除機」を生み出した英国の
家電メーカーです。ホームページで実際に「羽のない扇風機」の映像を見てみて、
これは画期的だ、凄い! とうならされるものでした。

また、フォードは車とスマートフォンを繋ぐ「シンク」を生み出し、好調な業績を
あげています。音声認識により運転中にスマートフォンと連動した機能を使用する
なんて、SF映画の世界みたいですが、これも画期的で面白い発想ですね。

今回の特集では8つの企業が取り上げられていましたが、その中に日本企業はゼロ。
その他、今月号ではAppleは「ソニーの精神」を受け継いだ会社だ、という記事や
魅力を失ったメイド・イン・ジャパン(の工業デザイン)、という記事もあり残念です。
その一方で、裸眼3Dテレビを開発した東芝の女性研究員の記事もあって、
少なくとも自動車や家電など、ものづくりでは他の国に負けて欲しくないな、と
思うのです。

■その他
ニュース関連では、やはりエジプト・中東情勢の記事に目が。
特に潜入取材による反政府デモのリーダーとの会見記事と、「USニュースの番犬」の
アメリカの国内でのエジプト反政府デモに対する意見対立の話は興味深い内容です。

普段、ニュースを追っているだけでは、どうしても断片的な理解になってしまうので、
踏み込んだ考察や他の国の動きも含めて解説された記事は理解を深めるのに重要です。
スポンサーサイト

| ニュース、ビジネス誌 | 22:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://freelikewind.blog72.fc2.com/tb.php/127-86acef93

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。