RAVEN'S FLIGHT

投資と書評がメインのblogです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[ニュース]中東情勢と新興国

アラブ世界の自由の価値
(JBPress)

表現の自由や政治参加の魅力は「アラブには通用しない」という概念が潰えた、ということだ。しかし我々は一方で、制度が弱く、抑圧の歴史がある貧しい国では、抑圧から安定した民主主義へ至る道のりが、長く、厳しいものになることも知っている。


独裁政権が倒れたとしても、それが直ちに民主的で平和的な国家の誕生を意味する
わけではないということです。

政変が極めて重要であり、恐らくは歴史的な転換点になる、ということは分かっている。我々はまた、壊滅的なものとはほど遠く、恐らくは短期的なものだろうが、石油ショックがかなり重要かもしれないということも知っている。


また、「世界の経済活動が大幅に落ち込んだ過去5回のケースでは、いずれも
その直前に原油価格が大きく急騰している」とのことなので、政治、経済の
両面において中東情勢は引き続き要注目ですね。


「中国の『激変の日』に備えよ」中東政変で米国に警戒感
(JBPress)

米国では中国のこうした民主主義抑圧の態度を見て、対中関係のあり方に再度、目覚めたような警告を発する向きが出てきたのだ。

中国は国際的なリーダーシップなど揮えはしない。中国自体も中東諸国のような内部からの突き上げの日に直面するかもしれないから、米国はそんな事態に備える準備もしておくべきだ


米中がリーダーシップをとるG2の体制も、米中の関係によっては見直されるかもしれません。
とはいえ従来のアメリカ一国の主導体制に戻るというのも考えづらいのですが。

そして米中の関係が変化すれば、両者のあいだに立つ日本も少なからず影響される
わけなので、こちらも要注意ですね。

中国全人代が開幕、温首相「インフレ抑制が11年の最優先事項」
(ロイター)

中国急成長の歪み:大学を出ても就職できない
(JBPress)

ブラジル、新たなレアル高抑制措置を来週発表の可能性=財務省
(ロイター)

中南米株への投資意欲を失う投資家
(JBPress)

新興国の株式市場に対して「BRICsをテーマとした売買は終わりつつある」
との見方が出ていますが、その一方で海外からの直接投資については変わらず、
資本が留まっている為に「新興国への長期的な力強いシフトはまだ持続している
ように見える」とのこと。

直接投資により着実な資本蓄積が続くのなら、今後堅実な成長ができるのでは、
と期待したいところではあるのですが。
スポンサーサイト

| 経済、投資関連ニュース | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://freelikewind.blog72.fc2.com/tb.php/125-7de2c853

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。