RAVEN'S FLIGHT

投資と書評がメインのblogです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[読書記録] 20歳のときに知っておきたかったこと

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
(2010/03/10)
ティナ・シーリグ

商品詳細を見る

スタンフォード大学の企業家精神とイノベーションを教える講座を元に書かれた一冊です。

この本では、多くの月並みな考え方を覆していきます。
自分自身を、そして世界を新鮮な目で見てほしい――これがわたしの願いです。


起業家精神を教えるコースでの演習や、企業での新製品の開発などの様々なエピソードを
通して、イノベーターに必要なものの見方、考え方が述べられています。


その中から気になったものをいくつか抜粋。

・起業家精神とは、世の中にチャンスが転がっていると見ること
・問題を見つけ、常識を徹底的に疑うことで、その問題を解決すれば、大きな見返りがある
・『決まりきった次のステップ』とは違う一歩を踏み出したとき、すばらしいことが起きる
・誰かがチャンスをくれるのを待つのではなく、自分でつかみに行った方が良い面がたくさんあります
・仕事で成功した人は、一直線に来たわけではなく、浮き沈みを経験し、キャリアは波形を描いている
・情熱とスキルと市場が重なり合うところ。それが、あなたにとってのスウィート・スポットです
・できるだけ幅広い経験をし、その経験を独自の方法で結びつけること。そして、恐れることなく、自分の演じたいステージに上がろうとすることです
・評判ほど大事な資産はありません
・及第点に満足せず、自分の行動とその結果の責任は、最終的に自分にあることを自覚することです
・ベストを尽くすチャンスは一度しかないのです


このように、自分から積極的にチャンスを探し、何度でも挑戦し、そして大きなことを
成し遂げようという前向きなメッセージに本書は溢れていて、読んでいてとても
勇気づけられる一冊です。
その根底にあるのは、起業して成功を目指すというアメリカン・ドリームの肯定と、
それによって社会全体も発展するという、資本主義・自由主義への信頼だと思います。

また、働いていると、日々の仕事の忙しさから、目の前の仕事をこなすのにいっぱいで、
だんだんと現状に甘んじるようになってしまう、ということもあるかと思います。
(ちょうど今の自分もそんな状態でした。)
だからこそ、時々、(特に壁にぶつかった時などに)読み返して、本書に込められた
メッセージを思い出すようにしたいと思います。
スポンサーサイト

| 経営、ビジネス | 19:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お疲れ様です。本書僕も読みました。
いいたいことは、ビジネスに必要なことを自分でつかむために
脳を活用すること!って感じがしました。

ただ、用紙だけ書いてくれればいいのに色々周りの肉付けが
ありすぎかなという感じもしました。

@yako_invest

| 矢向 | 2011/03/05 01:35 | URL | ≫ EDIT

矢向さんもこの本読んでいらしたんですね。

確かにエピソードの紹介などの肉付けの部分で結構ページを
使っていますよね。
これは学生~入社数年くらいの人を主な読者と想定しているからなのかな?
とも思いました。

| taka | 2011/03/05 19:07 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://freelikewind.blog72.fc2.com/tb.php/122-3c7297c9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。