RAVEN'S FLIGHT

投資と書評がメインのblogです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[読書記録] フリー

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
(2009/11/21)
クリス・アンダーソン

商品詳細を見る

今日のもっとも興味深いビジネスモデルは無料(フリー)からお金を生みだす道を探すところにある。

この新しい形のフリーは、モノの経済である原子(アトム)経済ではなく、情報通信の経済であるビット経済にもとづいている。


本書では、この新たなビジネスモデル「フリー(無料)」を取り上げ、解説しています。
鍵となるのは情報技術の発展で、オンラインビジネスのコストが劇的に低下したことで
googleやYouTubeなどが無料で利用できる環境が作られてフリーが生まれた、という
わけです。


このフリーのビジネスモデルとして、以下の4つが紹介されています。
①直接内部相互補助 (例:特売セール)
②三者間市場    (例:広告収入)
③フリーミアム   (例:有料と無料のバージョンのあるソフトウェア)
④非貨幣市場    (例:贈与、無償労働、不正コピー)

それぞれの場合で、賢い会社は通常のお金の流れを逆にする。
これらのアイデアとハイテクは特に関係ない。企業家が価格について創造的に考えたことで生まれたものだ。

有名なジレット型のモデル(本体を低価格で売り、消耗品で収益を得る)の話しも
とりあげられていましたが、価格決定も企業戦略の重要な要素ですよね。

消費者からすると、安いことと無料とのあいだには大きな差がある。

ダン・アリエリーの「予想通りに不合理」で詳しく解説されている、行動経済学での
研究結果です。この心理がフリーに大きな魅力を与えているわけです。

ビットになるものはなんでも、より安く、よりよく、より早くというユニークな経済特性を持つことになる。

ムーアの法則に代表される情報技術の飛躍的な発展速度がこの法則を支えています。
ムダにできるほど潤沢なリソースの存在がフリーを可能にしているわけです。
何を無料にしてどこで収益を得るか、がフリーを利用した戦略の成功を決める要素に。

また、後半では経済学的見地からフリーについての考察がされています。
特に偽者や海賊版が、本物の製品とは違う市場セグメントをターゲットにしていることで
実は互いに役に立っている、という指摘が面白かったですね。
著作権の保護の為に単純に取り締まればいい、ということではないわけです。

本書の「フリー」の概念は企業や経済に大きく影響を与えるものなので、今後さらに
どんな変化を生み出すのかも楽しみなところです。
スポンサーサイト

| 経済、社会 | 22:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://freelikewind.blog72.fc2.com/tb.php/119-2d5df82c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。