RAVEN'S FLIGHT

投資と書評がメインのblogです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[読書記録] 自由はどこまで可能か


自由はどこまで可能か=リバタリアニズム入門 (講談社現代新書)自由はどこまで可能か=リバタリアニズム入門 (講談社現代新書)
(2001/02/20)
森村 進

商品詳細を見る


本書はリバタリアニズム(※1)について、基本的な考え方や特徴、そして法制度や
政治、経済における具体的な主張などを全般的に取り上げた入門書です。

※1
リバタリアニズム(英: libertarianism)は、政治や経済などの分野で、
自由主義思想の中でも特に個人主義的な自由を重視する政治思想である。
リバタリアニズムは、他者の権利を侵害しない限り、各個人の自由を最大限
尊重すべきだと考える。(Wikipediaより)


簡潔に言えば、「個人の自由」と「経済的自由」を共に尊重する考え方が
リバタリアニズムです。


リバタリアニズムの核となる概念が自己所有権で、これは「自身の人身(身体)への
所有権」と「自分の労働の産物とその代価としての財産の権利」を意味しています。
自分自身とその財産を、他人に干渉されない私的な領域とみなしているわけです。
また、この自己所有権は、個人のどんな権利を認めるべきか、という法についての
議論の土台にもなっています。

リバタリアニズムが理想とする国家については、

自由主義的法秩序の維持と最小限の公共財と社会保障の提供という中立的な任務以外に、何ら独自の目的も理想も持たないし、特定の民族の歴史とも結びつかない。
リバタリアンにとって大切なのは、国家ではなくて諸個人なのである。

政治思想におけるリバタリアニズムの大きな特徴の一つは、国家への人々の心情的・規範的同一化に徹底して反対するという個人主義的要素である。


と述べられています。

一つの国家の内で多種多様な価値観を持った人達が共存していく為に、国家は価値観に
対して中立であるべきだ、と私は考えています。
単一のイデオロギーに凝り固まった全体主義国家が、歴史上どれだけ悲惨な結果を
招いたのかを考えれば、価値観の多様性を尊重することの重要さは明らかです。

また、リバタリアニズムは市場経済を重視する立場であり、市場経済への批判には、


リバタリアニズムも「非経済的価値」「お金では買えない価値」「かけがえのない価値」を大切にする

政府の経済活動を支持する人々は市場は万能ではないと言って「市場の失敗」を語るが、政府はそれ以上に万能ではない。「政府の失敗」にも注意を向けるべきである。

市場社会はしばしば「弱肉強食」の社会としてイメージされるが、これは間違いである。それは協力と分業によって相互に相互に利益を与え合う共存共栄の場である。

経済だけで人間社会が成り立つわけではないが、人々の共存共栄を実現する為の経済制度として、自由市場経済に勝る制度はない


と反論しています。
以上のように、本書ではリバタリアニズムの考え方について全般的に理解でき、
タイトルにあるように入門書としてちょうど良いと思います。

なお、今の日本の就職氷河期以降の世代にとっては、国や企業の福祉といったものは
もはや当てにしていられない、というのが正直なところだと思います。
むしろこういった現実を直視し、各人の自由と自立を促すことの方が、時代にそぐわなく
なった社会制度にすがりつくよりも妥当だと考えています。
スポンサーサイト

| 経済、社会 | 17:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://freelikewind.blog72.fc2.com/tb.php/117-3f139beb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。