RAVEN'S FLIGHT

投資と書評がメインのblogです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[ニュース]S&Pが日本国債格下げ

S&P:日本の長期ソブリンを「ダブルAマイナス」に格下げ
(Bloomberg)

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は27日、日本の外貨建て・自国通貨建ての長期国債格付けを最上位から3番目の「ダブルA」から「ダブルAマイナス」に1段階格下げしたと発表した。
長期国債格付けの見通しは「安定的」としている。短期国債格付けは外貨建て、自国通貨建てともに、「A-1プラス」に据え置いた。格下げは2002年4月以来。



S&Pが日本国債格下げ:識者はこうみる
(ロイター)

 S&Pによると、格下げは、日本の政府債務比率がさらに悪化するとの見方を反映している。S&Pでは日本の財政赤字が今後数年にわたって高止まりし、それに伴い財政の柔軟性がさらに低下すると予想している。


昨年のヨーロッパの財政問題に続き、とうとう日本の財政問題にも注目が。
国債格下げの影響は単純に考えると債券安/金利上昇ですね。

今後も悪化が続くようだと為替や株にも大きく響いてくるので、
財政再建がどのような方針で行なわれるかに注目したいと思います。
格付けの影響で、国債の増発による資金調達が難しくなるとすると次は増税でしょうか。
また、インフレと金利上昇の可能性についてもみておきたいです。

円が急落、対ドルで一時83円台-S&Pの日本格下げ
(Bloomberg)

対ドルでは一時、今月12日以来の円安値となる1ドル=83円22銭まで売られ、午後5時51分現在は82円74銭前後で推移。対ユーロでも一時、約2カ月ぶりの円安値となる1ユーロ=113円58銭まで下落している。


急落とはいうものの、ここ約1ヶ月間の82円~83円のレンジ内での動きです。
今回の格下げは織り込み済みのレベルで、日本の財政危機はまだそこまで重大視は
されていない、といったところですね。
スポンサーサイト

| 経済、投資関連ニュース | 22:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://freelikewind.blog72.fc2.com/tb.php/112-dd65719e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。