RAVEN'S FLIGHT

投資と書評がメインのblogです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第3回インデックス投資ナイトのレポート

1/9の「第3回インデックス投資ナイト」に参加しました。
パネラーの方から、投資を続けるためのテクニックから、アセットアロケーションに
ついての考えなど様々なテーマについての話を聞くことができ、欠かさずメモを取ろう
としていたら、あっという間に約3時間が過ぎてしまいました。

また、パネラーの方同士の意見交換が見れたり、メディアではちょっと言いづらい
ような本音の部分の話も聞けたことも、こういった場の良さだと思います。

その中で、個人的に参考になったものをいくつか。


■バイ・アンド・ホールドに適したファンドの選択
・インデックスファンドでも売買を繰り返してはいけない。(カン氏)
・バイ・アンド・ホールドでファンドを持つ場合、信託財産留保金が設定された
 ファンドの方が有利。(内藤氏)
 ※”インデックス投資ナイト”で出た信託財産留保金があるのは良いファンドという理由
  (内藤忍の公式ブログ SHINOBY`S WORLD)
・信託報酬以外のコストは運用報告書を見ないと分からない。(竹川氏)


信託財産留保金は、長期投資家にとって有利な制度というわけです。
また、短期トレードの誘惑に対して心理的なストッパーとしての役割も果たしていると
思います。
有料か無料か、という意思決定におけるヒューリスティックをいい方向に利用できるので。
コストについては、信託報酬などのぱっと目に付く部分についつい注目してしまいますが、
運用報告書にもきちんと目を通しておこうと思います。

■投資を続けていくために
・仲間を作る。(内藤氏)
・自分のリスク許容度を見積もっておく。
 ルール化し感情的にならずにて淡々と行なう。(竹川氏)
・ここ数年で価格が下がった時の経験を積んだ人は多いと思うが、上がったときに
 どう対処するか。ポートフォリオを崩さないことが大切。(朝倉氏)


投資でいうところのリスクはボラティリティであり、ダウンサイドのリスクと
アップサイドのリスク(例えばバブル相場)について、どう対処するかを
考えなくてはならないということです。

また、仲間を作るについては、今後積極的にイベントなどに参加し実践して
いきたいと思います。

■その他
・アクティブ運用とパッシブ運用に正解はない。「理路整然と間違える」人がいる。
 正しいことをやれば必ず正しい結果になるというわけではない。(内藤氏)


実際、パッシブ運用の基盤である市場の効率性は、証券価格を評価しアクティブ運用を
行なっている人たちがいるからこそ、成り立っているわけです。
一概にアクティブ運用を否定することはできないと思います。
アクティブ運用の良いファンドを見つけられるかは、また別の問題としてですけど。

・公的年金、企業年金は日本国債への投資割合が多いので、個人では海外投資を
 多めにしてもよい。(朝倉氏)

・為替予測はエコノミストの墓場とも言われる。長期的には円安になる、などと
 決め付けないほうがよい。(山崎氏)

・資金がどれ位になったら現金化する、といった目安をもっておく。
 ファンドは定額でなく定率で解約するのがお勧め。(竹川氏)



最後に「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2010」の発表が。

1位は「STAM グローバル株式インデックス・オープン」でした。
私はSTAMさんのファンドをメインにしているので、嬉しく思いました。
これからも個人投資家の要望が伝わるように、応援させて頂こうと思います。
スポンサーサイト

| 投資関連の話題 | 15:09 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして、NightWalkerさんのブログからLinkできました。
当日ですが僕もうかがっていました!

入って、、、真ん中がいいとはわかっていなかったので、
右端のほうに座っていました。よろしくです。

| 矢向 | 2011/01/12 00:56 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

矢向様

始めまして、blog読んでいただきありがとうございます。
第3回インデックス投資ナイト、参加されていたのですね。
実は私も右側の方の席にいたので、ひょっとしたら近くの
席だったかもしれませんね。

それでは、こちらこそよろしくお願いします。

| taka | 2011/01/12 21:31 | URL |

インデックス投資ナイト参加されていたんですね。
リンク先の皆さんがどちらにいるかもわからずお話できていない方の方が多いのですが、次の機会によろしくお願いします。

| kenz | 2011/01/15 10:28 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

>kenz様

今回お話できなかったのは残念ですが、今後もイベントに色々参加して、
他のブロガーの方と直接交流する機会を持ちたいと思っていますので、
こちらこそよろしくお願いしますね。

| taka | 2011/01/15 22:42 | URL |

おぉ~ そうでしたか。。ミアミスですね。
国内債券については、国債が多く含まれすぎていないものを心の安定剤として持っています。

投資を続けるための安定剤って感じです。

あと、山崎さんは日本国内株式のリターンを高めに見ているなぁと感じています。

| 矢向 | 2011/01/16 00:05 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

国内債券は国債以外にも目を向けてらっしゃるわけですね。
参考になります。

> あと、山崎さんは日本国内株式のリターンを高めに見ているなぁと感じています。
私も同感です、「ほったらかし投資術」のなかでは、日本国内株式と海外先進国株式の
期待リターンを同じ6%としていますが、これがなぜなのかとても気になります。
期待リターンはどうやって決めたらいいのか、に悩んでいるので。
(過去データや国の成長の見積もりなどが考えられると思いますけど)

| taka | 2011/01/17 22:07 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://freelikewind.blog72.fc2.com/tb.php/105-95dac088

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。