RAVEN'S FLIGHT

投資と書評がメインのblogです。

2012年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[英語] 英語上達完全マップをはじめました

今月から「英語上達完全マップ」)のサイトにある学習方法で、英語を勉強することにしました。

ここ最近、楽天やファーストリテイリング(ユニクロ)で社内公用語を英語にするなど、日本の企業がグローバル化に向けて動いていることが、ニュースになっています。
私が現在勤めている会社でも、今後、今まで以上に海外進出に力を入れる、という方針が発表されています。

現時点ではそこまで英語を使う機会はないのですが、今後のことを考えると今のうちに身につけておきたいところです。
というわけで今年の冬に英文法の勉強をしたところ、それまでのTOEICスコアが500前後だったのが、今年の3月には570にアップしました。
せっかく目に見える効果が出たので、この機会に本格的に力を入れて勉強し、仕事で十分に使えるレベルまで英語力を伸ばしたい、と考えて英語上達完全マップのトレーニング方法をやってみることにしました。
スポンサーサイト

| 英語(英語上達完全マップ) | 23:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[読書記録] 明日をどこまで計算できるか?


明日をどこまで計算できるか?――「予測する科学」の歴史と可能性明日をどこまで計算できるか?――「予測する科学」の歴史と可能性
(2010/01/22)
デイヴィッド・オレル

商品詳細を見る


科学的な予測によって、未来のことをどれだけ正確に予測できるのか?
この誰もが一度は考えたことがありそうなテーマを扱っているのが本書です。
本書では科学的予測が占星術から発展していった歴史と、天候、医療(遺伝子)、経済の3分野における現代の予測技術について解説しています。

| 自然科学、技術 | 22:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リテラシーについて思ったこと (「コンプガチャ」違法見解から)

今週話題になったソーシャルゲームの課金方法についてのニュースから、リテラシーについて思ったことをまとめてみました。

消費者庁、来週にも「コンプガチャ」違法見解
(日経新聞)

ソーシャルゲームの稼ぎ頭である「コンプリートガチャ(コンプガチャ)」について、消費者庁は景品表示法で禁じられている行為として、来週にも違法だという見解を広く周知する方針を固めた。ソーシャルゲーム各社が自主的にやめることを促す。

| 日記、雑感 | 16:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[ニュース]フランス大統領選とギリシャ総選挙

仏大統領選、オランド氏がサルコジ氏破る:識者はこうみる

オランド氏の勝利によって、ドイツが主導する財政緊縮路線は、修正を迫られる可能性がある。


ドイツとの欧州危機への対応方針の違いから、関係がどうなるかが焦点と思われます

ギリシャ総選挙で連立与党は過半数割れ、政局流動化で再び混乱も
これで議会で連立与党の決定力がなくなり、ギリシャの混乱はますますひどくなりそうな。

焦点:ギリシャとフランス、有権者がドイツの緊縮路線拒否
どちらの国の選挙でも、財政の緊縮策に対して国民が反発しているという結果と言われています。しかし、経済成長だけでは財政問題を解決することはできないというのが歴史的事実であり、緊縮策は不可避です。
緊縮策を納得させるリーダーシップを発揮できないと、事態の悪化の恐れが。

| 経済、投資関連ニュース | 22:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[読書記録] もし小泉進次郎がフリードマンの「資本主義と自由」を読んだら


もし小泉進次郎がフリードマンの『資本主義と自由』を読んだらもし小泉進次郎がフリードマンの『資本主義と自由』を読んだら
(2011/11/25)
池田信夫 原作、 他

商品詳細を見る


財政危機が起きた日本において、「資本主義と自由」の政策を基に対処しようとする、というのが本書のストーリーです。
本書では、もし日本で財政危機が起きたとしたらどうなるのかが描かれ、同時に政治とマクロ経済における現在の日本の問題点が鋭く指摘されています。

※なお本書の原作者は池田信夫氏で、日本の問題点についての見解は「希望を捨てる勇気」([読書記録] 希望を捨てる勇気)に詳しく述べられています。

| 経済、社会 | 16:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。