RAVEN'S FLIGHT

投資と書評がメインのblogです。

2012年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[読書記録] 大局観


大局観  自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)大局観 自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)
(2011/02/10)
羽生 善治

商品詳細を見る


前著「決断力」(参考記事:[読書記録] 決断力)に続き、羽生氏が棋士としての経験をもとに、自身の勝負に対する考え方を述べた一冊です。

タイトルにもなっている「大局観」は、大局に立って考えることで、「読み」と「直感」と合わせて対局中に決断を下すのに使うそうです。
スポンサーサイト

| 哲学、思想 | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[読書記録] エネルギー論争の盲点


エネルギー論争の盲点―天然ガスと分散化が日本を救う (NHK出版新書 356)エネルギー論争の盲点―天然ガスと分散化が日本を救う (NHK出版新書 356)
(2011/07/07)
石井 彰

商品詳細を見る

エネルギー問題を取り上げた本書では、サブタイトルにあるように「天然ガスの積極活用と、エネルギー源と地域の分散化、多様化」を主張しています。

通常、エネルギー問題というと原発の賛否、環境問題、エネルギー資源の枯渇といった個々の問題に目が向きがちです。
しかし本書では、そもそも現代社会は産業革命以降のエネルギー消費増大と余剰人口が生み出したものであることを文明史的な観点から示し、そこから各論に入っていきます。
この点が興味深く、またよくある議論の間違いを理解する上で重要な点だと思いました。

| 自然科学、技術 | 18:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[読書記録] COURRiER Japon 2012年5月号


COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2012年 05月号 [雑誌]COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2012年 05月号 [雑誌]
(2012/03/24)
不明

商品詳細を見る

今回の特集:日本の「明日」の話をしよう、は現在様々な分野で活躍している30歳前後の7人へのインタビュー記事です。
今の日本が直面している閉塞感は、これまで追っていたテーマであり、そして自分とちょうど同じ世代の人たちが取り上げられているだけに、色々と考えさせられる内容でした。

| ニュース、ビジネス誌 | 21:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

企業価値評価(バリュエーション)の勉強を始めました

マッキンゼーの「企業価値評価(原題:VALUATION)」をテキストにして企業価値評価(バリュエーション)の勉強をしています。

本書はタイトルの通り企業の価値を見積もる為の理論と手法について書かれているのですが、DCF法(割引キャッシュフロー法)による企業価値評価の本家というだけあって、専門的な内容まで突っ込んだ内容になっています。

企業価値評価 第4版 【上】企業価値評価 第4版 【上】
(2006/03/10)
マッキンゼー・アンド・カンパニー、ティム・コラー 他

商品詳細を見る

| 投資関連の話題 | 22:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。