RAVEN'S FLIGHT

投資と書評がメインのblogです。

2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[読書記録] 10万年の世界経済史①


10万年の世界経済史 上10万年の世界経済史 上
(2009/04/23)
グレゴリー・クラーク

商品詳細を見る


産業革命以前(マルサスの罠の時代)と産業革命以降での経済面の変化を示すとともに、その変化がどのようにして起きたのかという世界経済史の謎に迫るのが本書です。

「マルサスの罠」の時代は、なぜかくも長く続いたのか。
その罠からの初めての脱出が、小さな島国の英国で、産業革命期の1800年ごろにはじまったのはなぜか。
その結果として、「大いなる分岐」が生じたのはなぜか。
本書はこの三つの謎すべてに答えを提示し、それぞれの関連性を明らかにする。

スポンサーサイト

| 経済、社会 | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[ニュース] S&Pによるユーロ圏9カ国の格下げから1週間

1/13にS&Pによる欧州9カ国の国債の格下げが行われました。
特に注目したいのは、フランス、オーストリアがAAAを失ったことです。

・フランス、オーストリアがAAAからAA+へ格下げ
・AAAはドイツ、オランダ、ルクセンブルグ、フィンランドの4カ国に
・EFSFもAA+へ格下げ

フランス、オーストリアに対する、ムーディーズとフィッチの評価は現状の最高位のままです。
S&Pは昨年8月にもアメリカの国債を先行して格下げしており、S&Pの評価は容赦ないという印象です。

| 経済、投資関連ニュース | 18:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[読書記録] 人口論


人口論 (光文社古典新訳文庫)人口論 (光文社古典新訳文庫)
(2011/07/12)
マルサス

商品詳細を見る


18世紀終盤(※初版発行は1798年)に書かれた古典経済学の代表的一冊です。
マルサスの時代では食糧の生産量が上昇しても人口増加によって相殺されていました。
そのことが経済と社会制度に大きな制約を与えていたことを解き明かし、当時の左派の主張に反論するという内容になっています。

| 経済、社会 | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第4回インデックス投資ナイトに参加しました

1/7に「第4回インデックス投資ナイト 」へ参加しました。

今年の座談会は2部構成になり、ゲストの方が話すだけでなく、会場の参加者の方へ意見を求めてインタビューが随所で挟まれるという新しい試みがありました。
会場のモニターでハッシュタグ#idxnghtのツイートが表示されるようになっていたことと合わせ、双方向性を持たせることは会場の一体感を作るのに役立っていたと感じました。

| 投資関連の話題 | 23:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2012年の投資方針

今年も、これまでの基本方針を継続して投資を行います。

■2012年予定ポートフォリオ
世界全体に分散投資した株式を中心としたポートフォリオを維持します。



変更点として考えているのはこちら。
・株式クラス内での配分をより時価総額比例に近づける
・海外REITの比率を若干引き上げる

どちらも毎月の積み立てによって様子を見ながら少しずつ調整していく予定なので、大掛かりなリバランスまでは考えていません。

■投資行動
毎月の積み立てを淡々と行い、相場の急落時には待機資金による追加投資を実施するという方針で行います。

今年も、引き続き欧州危機が危機の真っ只中にあり、さらに各国で大統領選挙が予定されていることもあって、昨年後半のようにボラティリティの高い相場になりそうだと予想しています。
そのため追加投資を行う機会も何度か出てくるものと考えています。

リスク管理上、投資にまわしていない待機資金も十分に用意しておきたいですね。

| 投資方針とポートフォリオ | 13:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。