RAVEN'S FLIGHT

投資と書評がメインのblogです。

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

RAVEN FUND ポートフォリオ(2010年 6月末)

2010年6月末ということで、4半期ごとのポートフォリオのチェックを行ないました。
アセットアロケーションとしては、大体計画の通りの配分になってきました。
国内株式と新興国株式の割合を入れ替える感じで調整していく予定です。




※ポートフォリオのグラフは、「投資信託のガイド」さんのポートフォリオグラフメーカー
をお借りして作成しています。


スポンサーサイト

| 投資方針とポートフォリオ | 21:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

景気ウォッチング

米FOMC声明文に景気下振れ警戒色
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/3821
(日本ビジネスプレス)

6月22~23日に開催された米連邦公開市場委員会(FOMC)は、市場が予想していた通り、
政策金利および「時間軸」表現を据え置いた。

景気の見通しは「緩やかに回復」ではあるものの、一部には前回(4月28日)から
下方修正されたものも。
しばらくは低金利政策が継続される模様です。

CPIコア下落幅が縮小し、「デフレ」記事が減っても
(日本ビジネスプレス)

6月25日に総務省から発表された5月の全国消費者物価指数(全国CPI)は、
「生鮮食品を除く総合」(コア)ベースで前年同月比▲1.2%。

物価を見る限りでは、デフレ環境は変わらず継続。
実感とも一致した指標がでていますね。

カナダで同時開催のG8・G20、経済危機、新興国台頭で国際秩序が変動
(東洋経済オンライン)

6月25日~27日に、カナダにおいて主要国首脳会議(G8)と20カ国地域首脳会合(G20)が開催される。
この2つが同時開催されるのは史上初であり、安全保障・途上国支援・経済問題解決がけっして切り離して語られるものではないことがより明確になってきたといえる。



米金融改革法案で合意成立
(ウォール・ストリート・ジャーナル日本版)

難航していた米金融規制改革法案をめぐる上下両院協議会の協議は25日未明、合意に達した。

・銀行の自己勘定取引を規制「ボルカー・ルール」
・デリバティブ(金融派生商品)取引に関する規制強化
・連邦準備理事会(FRB)に消費者保護機関を設置
・政府に破たん企業の分割、金融システムへのリスクを監視する機関の設置などの権限を付与

| 経済、投資関連ニュース | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[読書記録] ブルー・オーシャン戦略

ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する (Harvard business school press)ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する (Harvard business school press)
(2005/06/21)
W・チャン・キムレネ・モボルニュ

商品詳細を見る
ブルー・オーシャンとは未知の新しい市場のことを指していて、
ブルーオーシャン戦略とは、競争の無い新しい市場を創造する企業戦略です。

本書では、利益を得るためには激しい競争が行なわれている既存の市場を抜け出し、
新市場を作り上げる必要があると説いています。

企業戦略についての本なのですが、個人レベルでも、例えば自分のキャリアなどを
考えるにあたって色々と参考になると思います。
「競争の無い新市場を作り上げる」という主張は、なるほどうなづけるものですし、
分析ツールの「戦略キャンバス」も応用が利きそうです。

| 経営、ビジネス | 23:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人民元の柔軟性強化

UPDATE:中国、人民元の柔軟性強化を発表―大幅上昇の可能性は排除
(ウォール・ストリート・ジャーナル日本版)
「中国人民銀行は人民元の為替制度の改革をさらに進め、為替相場の
柔軟性をさらに高めることを決めた」

人民元切り上げは段階的に…中国人民銀行
(読売オンライン)
 「1回限りの大幅な調整は行わない。基本的に安定した水準に保つことが改革の重要な部分だ」
と述べ、変動幅を抑えながら徐々に切り上げていく方針を示した。

2008年7月以来、人民元は1ドル=6.83元の固定相場でしたので、
今回、約2年ぶりにレートが変わることになります。
現時点では、ゆるやかに切り上げられ、元高ドル安の動きが予想されています。

単純に考えれば、中国の輸出は価格が上がる分不利に、輸入には有利になりるので、
中国に生産拠点を持つ企業からすると、賃金が比較的低いという中国のメリットが失われることに。
反面、中国市場に輸出している企業にとっては有利な動きとなります。

世界全体に影響が予想されるので、どの程度の切り上げが、どのくらいの時間軸で
行なわれるかについて注目したいところです。
まずは26日から開かれる、G20(主要20か国・地域サミット)の結果に注目ですね。

| 経済、投資関連ニュース | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自分の強みについて

4月から新しいチームに入って新しい仕事を担当しているのですが、
つい最近、今期の目標や前期の評価について上司との面談があったこともあり、
自分はどんな仕事をして、今後どういうキャリアを目指すか、
といったことをこのところよく考えています。

そこで、まずは自分の強みについて考えてみるために
以前受けた「さあ、才能に目覚めよう」のWebテストの結果について見直してみました。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かすさあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
(2001/12/01)
マーカス バッキンガムドナルド・O. クリフトン

商品詳細を見る


※本書では人間の強みを34に分類し、その内容を解説しているのですが、
 Webテストを受けることで、その中で自分を特徴つける5つの強みについて
 知ることができる、という面白い仕掛けがあります。

私の結果は、
 1.慎重さ、2.収集心、3.学習欲、4.個別化、5.達成欲、でした。

ドラッカーも、「何事かを成し遂げられるのは、強みによってである。
弱みによって何かを行なうことはできない。」と言っているので、
この特徴を今の仕事でどう活かしていくか、を考えていきたいところ。

| 日記、雑感 | 23:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。