RAVEN'S FLIGHT

投資と書評がメインのblogです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[読書記録] 21世紀の資本

経済格差について、歴史的な視点から研究成果をまとめた本書。

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る

発表以来あちこちで見かける「r(資本収益率) > g(経済成長率)」ですが、この式が提示する問題点はこちら。

"資本収益率が産出と所得の成長率を上回るとき、資本主義は自動的に、恣意的で持続不可能な格差を生み出し、それが民主主義社会の基盤となる能力主義的な価値観を大幅に衰退させることになるのだ。"

スポンサーサイト

| 経済、社会 | 22:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[読書記録] 2052 今後40年のグローバル予測

2052年の世界を予測した本書で中心となるのは環境及び経済の観点で、
「成長の限界」の共著者ということもあってか、基本的に悲観的なトーンになってます。

2052 今後40年のグローバル予測2052 今後40年のグローバル予測
(2013/01/09)
ヨルゲン・ランダース

商品詳細を見る


いくつか論点を取り上げてみると、
・出産数は低下を続け、2040年頃に人口はピークを迎える
・労働生産性の向上も低下し、GDPの成長スピードは低下
・資源枯渇や環境破壊などの問題解決のための投資が増え、その分消費が減少する
・エネルギー使用量は2030年頃にピークを迎え、それから緩やかに減少
・地球温暖化(平均気温が2度以上上昇)により、異常気象や自然災害が頻発
上記のように、経済成長の限界と持続可能性の問題が中心です。

| 経済、社会 | 23:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[読書記録] 連続講義・デフレと経済政策


連続講義・デフレと経済政策―アベノミクスの経済分析連続講義・デフレと経済政策―アベノミクスの経済分析
(2013/07/11)
池尾 和人

商品詳細を見る

本書ではマクロ経済学の理論とそれを元にした現在の日本経済やアベノミクスについての解説を、質疑応答の形式で行っています。
マクロ経済学の踏み込んだ内容(学部レベルの教科書を超える範囲)をも分かりやすく解説していて、単に時事問題を扱っただけではない良書です。

アベノミクスについての議論は、賛成側は金融緩和ですべての経済問題は解決する、反対側は財政問題とハイパーインフレで日本は破滅する、といった極論の応酬が目立つ印象があります。しかし、本書では冷静、客観的に考察が行われています。

| 経済、社会 | 19:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[読書記録] ファスト&スロー(2)


ファスト&スロー (下): あなたの意思はどのように決まるか?ファスト&スロー (下): あなたの意思はどのように決まるか?
(2012/11/22)
ダニエル・カーネマン

商品詳細を見る


[読書記録] ファスト&スロー(1)からの続きです。

| 経済、社会 | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[読書記録] ファスト&スロー(1)


ファスト&スロー (上)ファスト&スロー (上)
(2012/12/28)
ダニエル カーネマン、村井 章子 他

商品詳細を見る

行動経済学について、この分野の第一人者のダニエル・カーネマンが一般向けに書いた本です。本書は分野の全体を網羅し、ある程度専門的な部分まで踏み込みながらも分かりやすく書いてあります。
また、教科書的な理論や実験結果の説明だけではなく、実際に行動経済学の発見をどう利用や応用するかという点についても考察されいて、実用面も十分な本となっています。

| 経済、社会 | 22:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。