RAVEN'S FLIGHT

投資と書評がメインのblogです。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[読書記録] 大局観


大局観  自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)大局観 自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)
(2011/02/10)
羽生 善治

商品詳細を見る


前著「決断力」(参考記事:[読書記録] 決断力)に続き、羽生氏が棋士としての経験をもとに、自身の勝負に対する考え方を述べた一冊です。

タイトルにもなっている「大局観」は、大局に立って考えることで、「読み」と「直感」と合わせて対局中に決断を下すのに使うそうです。
スポンサーサイト

| 哲学、思想 | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[読書記録] 自由論

自由論 (日経BPクラシックス)自由論 (日経BPクラシックス)
(2011/09/01)
ジョン・スチュアート・ミル

商品詳細を見る

1800年代中頃に書かれた古典的自由主義の代表的な一冊です。
ちょうど新装版が日経BPクラシックで出版されたので、現代の自由主義を理解するために、思想が生まれた当初のいわゆる古典にあたる本書を読んでみました。

| 哲学、思想 | 01:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[読書記録] 決断力

決断力 (角川oneテーマ21)決断力 (角川oneテーマ21)
(2005/07)
羽生 善治

商品詳細を見る


トップクラスのプロ棋士、羽生善治氏がタイトルにあるように「決断力」をテーマとして、自身の考え方や勝負観を語った一冊です。

将棋のプロはたくさんの手が読め、先のすべてを見通して一手一手さしていると思われがちだが、実際にはそうではない。十手先の展開も読めない。そういう五里霧中のなかで、一つ一つの決断をしていっている。


そして、膨大な数の指し手という不確実性の中で決断を行なうにあたり重要なのは、大局観や直感だと語られています。
また、直感による閃きについて、「これは知識がどれだけあってもできない。知識を「知恵」に昇華させることで初めて可能になる。」とも。

| 哲学、思想 | 23:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。